大阪から車で約2時間!肉眼で天の川に会える奇跡の星空スポット 紀美野町立 みさと天文台  みさと天文台のポイント、開館日・定期催し物の開催日 近畿大学附属和歌山高等学校・中学校 スーパー共同利用制度 アクセス 天の川 天の川 天の川 和歌山県下最大の望遠鏡 夜の観望会 プラネタリウム 3Dによる宇宙の旅 夜の観望会 団体予約 望遠鏡個別相談 望遠鏡個別相談 施設 プラネタリウム 3Dによる宇宙の旅 星空ツアー 星空ツアー 観望会予定表(今月) 観望会予定表(来月) 観望会予定表(再来月) 天気(和歌山) 時系列予報(和歌山) 週間天気予報(和歌山) Instagram友の会公式 Instagram#みさと天文台
ふたご座流星群イベント
 StarParty in KIMINO。イープラス・手売りチケット販売中!

お知らせ

天文台より

  • 【今週のイベント】11月16日(土)は天の川が見えるカフェを実施予定。双眼鏡をお持ちであれば、より一層天の川をお楽しみいただけます! (公開日:2019年11月11日)
  • 【今週のイベント】11月17日(日)は秋のSuper Challenge天文教室/M33銀河を見よう!の実施を予定しています。 (公開日:2019年11月11日)
  • 【今月の星空サークル】11月の星空サークルは、13日(水)19:30〜紀美野町中央公民館2F視聴覚室にて開催予定。星好きな方もそうでない方も気軽にお越しください☆彡お天気が良ければミニ観測会も実施します。申込不要。 (公開日:2019年11月1日)
  • 【12月13日はふたご座流星群観望会!】観望会チケットの販売が開始されました。イベント情報の詳細は紀美野町観光協会特設ページへどうぞ! (公開日:2019年10月17日)
  • 【望遠鏡の主役変更】星空ツアー(星空ガイド付の観望会)では、“大砲”こと口径30cm反射望遠鏡を使用いたします。大型望遠鏡では向けられない大きく美しい天体を中心にお楽しみいただけます。大型望遠鏡を格納しているドームが不調で、大型望遠鏡が使用できないためです。満天の星空はこれまでどおり、月明かりが無い夜にご覧いただけます。 (公開日:2019年3月1日)

ご案内


Images

イベント情報

 詳細はリンク先をご覧ください。


みさと天文台友の会 最新情報

 みさと天文台友の会は、みさと天文台のファンクラブです。 みさと天文台の「カフェ」付きイベントの主催、みさと天文台機関誌「Mpc(メガパーセク)」の発行、商品開発、周辺団体との協力など、 独自の工夫で天文台を魅力あるものとするために、主体的に活動しています。

 友の会に入会すると、月ごとの星空案内やイベント案内が掲載された、みさと天文台機関誌「Mpc」が毎月送られてくるほか、 各種イベントでの割引など数々の会員特典があります。 不定期ですが、土曜日の星空ツアーで季節に応じて賛助会員からのプレゼントもあります。

最近の企画

人気商品「星空観察用双眼鏡」

 みさと天文台認定の星空観察用双眼鏡は2017年5月より販売開始し、2800円の35倍望遠鏡を超える人気商品になっています。

 これまで販売していた大人気の双眼鏡 「ビクセン アトレックライトBR6×30WP(9800円)」 「Pleasing HR 6.5x32 WP(19800円)」 に加え、性能を重視した「PRINCE ED 6.5x32 WP(19800円)」も販売を開始しました。 受付に見本を置いていますので、ぜひ覗いてみてください。

 双眼鏡がどうしてそんなに売れるのか? ... それは、月明かりの無い夜の 星空ツアーに参加すれば、わかります!

新商品「太陽専用双眼鏡 倍率3×」

 2019年は日食が2回もあります!誰しも日食を大きく観たいもの。

 実は、天体望遠鏡や一般の双眼鏡に太陽専用のフィルターをつければ太陽を観察できます。しかし、フィルターは意外と高価なうえ、万一フィルターがはずれて覗いてしまうと失明の危険性があります。

 みさと天文台で、絶対に安全な太陽観察専用の双眼鏡を販売しています。この太陽専用双眼鏡を持っていれば、日食観察会が開催できます!お値段は1000円です。やっすい!

MYSTERIOUS★GIRL「星のダイアログ」で、みさと天文台の紹介

 週刊漫画TIMES で連載中の 星のダイアログ 公式サイト のリンク集にて、 みさと天文台が紹介されています。ストーリーに星座や天体が登場するため、楽しみながら星の知識を増やすことができます。オススメ!

〒640-1366 和歌山県海草郡紀美野町松ヶ峯180 みさと天文台 TEL: 073-498-0305